SaaSの証憑回収管理機能のβ版をリリースしました

2021.11.17

機能追加の背景

paildは法人カードをストレスなく発行・管理できるサービスですが、SaaS単位でカードを発行・管理する使い方が以前から存在していました。 今回、その使い方を証憑の分野に発展させ、証憑の回収管理をカード利用明細と連動させて実現できるようにしました。電子データで受領するカード支出の領収書は、電子帳簿保存法の電子取引関係の対象であり、回収・整理をしないと証憑として認められないこととされていますが、支払を意識しにくいため回収の徹底には手間がかかります。それを、実際のカード利用の情報を起点に行うことで管理しやすくしようというものになります。

SaaS list

機能の概要

新たにSaaS管理画面が追加され、SaaS専用カードを発行できるようになりました。SaaS専用カードは専用のメールアドレスを持ち、SaaSの支払いと支払いに関する情報(メール)をまとめて管理できます。

  • SaaS専用カードはメールアドレスを持ち、サービスに関するメールを受け取ることができます
  • SaaS専用カードでは、それぞれのカード利用明細に証憑メールを関連付けることができます
  • SaaS管理画面では証憑メールの関連付け状況が表示され、証憑の回収状況が一覧できます

なお、既存のバーチャルカードをSaaS管理に移行する機能は、今後リリース予定です。

機能の使い方

管理者の権限を持つユーザーでpaildにログインし、SaaS管理タブにアクセスします。「+ 新しくSaaS専用作成カードを作成」のパネルをクリックします。 SaaS 001

SaaSのサービス選択画面が表示されるので、サービス名を入力して選択し、「次へ」をクリックします。(一覧にないサービスについては、文字列を入力して追加できます)

SaaS 002

SaaS 003

カード名や利用限度額・タグ等を入力しカードを作成します。 SaaS 004

SaaS管理の一覧に追加したサービスが表示されます。サービスのパネルをクリックすると、カード明細・メールアドレス・メールボックスの情報を確認できます。 SaaS 005 SaaS 006

カードの利用明細がある状態では、「詳細タブ」のカード利用明細一覧より、チェックマークのアイコンをクリックして、カード利用明細に対して証憑メールを関連付けすることができます。 SaaS 007

カードの利用明細に対して証憑メールが連携されていないとき、SaaS管理の一覧画面ではサービス名の隣に未連携数が表示され、証憑の回収状況が管理されます。

SaaS 008

もっと詳しく知りたい方はこちら

サービスについての資料をダウンロードいただけます。

また、paildの利用に初期費用などはかかりません。

すぐにウォレットを作成することができますので、お気軽にご利用ください。