カード利用について、複数のルールを組み合わせてカスタマイズした制限を適用できるようになりました

2021.12.14

機能追加の背景

法人カードを何枚でも無料で発行でき、管理者がリアルタイムにカードをコントロールできるpaildでは、従業員に決済手段を持たせた分散型支出としてカードを利用しやすくなっています。ただし、従業員にカードを提供する上では、それが適切に利用されるかが不安という声が多く聞かれます。その管理者にとっての懸念を払拭すべく、カードの利用に対して複数の利用制限ルールを組み合わせて制限できるアドバンスドカードの機能をリリースしました。

paildではリアルカードのリニューアルを2022年初頭に予定していますが、リアルカードを従業員に渡して利用してもらうというケースにおいても、活用いただけます。また、プロジェクト用、部門用など様々なユースケースにおいて、用途に適した制限をかけて目的に合致したカード利用を促進できます。

機能の概要

新たにカードを作成するとき、「アドバンスドカード」として作成できるようになりました。アドバンスドカードでは、複数の利用制限を組み合わせて、カスタマイズした利用制限をカードに適用できます。

組み合わせることができる利用制限は次の通りです。今後、この他にも制限の種類を追加する可能性があります。

  • 月額の利用上限(翌月1日にリセット)
  • 年額の利用上限(年初1月1日にリセット)
  • カード利用の日付期間制限(開始日~終了日の間の期間で使える)
  • 合計の利用上限(※ 今後リリース予定。設定以後、通算で利用できる使い切り額を設定)

機能の使い方

管理者の権限を持つユーザーでpaildにログインし、カードのタブにアクセスします。「+ 新しいカードを作成」のパネルをクリックします。

advanced card 000

作成するカードについて「シンプルカード」と「アドバンスド」カードが選べるようになっているので、アドバンスドカードを選択します。

advanced card 002a

「追加する」ボタンから制限を1つずつ追加し組み合わせて、意図するカードの制

advanced card 003

なお、アドバンスドカードで設定した利用制限によって決済に失敗したときは、当該決済に適用されたすべての制限が決済失敗の通知メールに列挙されます。

advanced card 005

もっと詳しく知りたい方はこちら

サービスについての資料をダウンロードいただけます。

また、paildの利用に初期費用などはかかりません。

すぐにウォレットを作成することができますので、お気軽にご利用ください。