改正電帳法準拠の証憑管理、支出の事後承認ができるようになりました

2022.08.15
  • アップデート

機能追加の背景

paildでは従来から支出をリアルタイムに把握できましたが、支出の内容を確認するためには領収書等の証憑の情報も必要でした。今回、paild上でより快適なリアルタイムの支出管理を実現するため、証憑の情報を扱えるようにしました。証憑を扱う上での利便性を高めるため、電子帳簿保存法(スキャナ保存・電子取引)にも対応しています。

また、支出に関して報告されたメモや証憑の情報を確定させるため、支出の承認機能も併せてリリースしました。

20220805 証憑添付機能 プレス画像

機能の概要

新たに支出の詳細画面が追加され、支出の詳細画面にて、証憑の添付と支出の承認ができるようになっています。支出の詳細画面は、次の画面から個別の支出をクリックしてアクセスできます。

  • 入出金履歴(管理者、ゲスト)
  • 利用明細一覧(一般利用者)
  • カードの詳細の利用明細タブ(管理者、一般利用者)

Animation

証憑の添付機能について

支出の直後から、支出の詳細画面で各支出に対して証憑をアップロードでき、リアルタイムに証憑を整理できます。

receipt 001

電子帳簿保存法に準拠しながら証憑の情報を登録できます。(要件を満たすファイルかどうかを自動でチェックします)

20220815 レシート

証憑として登録されたファイルは、検索画面から検索し一覧できます。

receipt search 000

支出の承認機能について

支出の詳細画面から、「管理者」メンバーが支出を承認できます。支出を承認すると、備考メモと証憑の情報がロックされ、編集できなくなります。

lock (1)

機能の使い方

機能の使い方の詳細は、下記のヘルプページをご確認ください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

サービスについての資料をダウンロードいただけます。

また、paildの利用に初期費用などはかかりません。

すぐにウォレットを作成することができますので、お気軽にご利用ください。