SaaS管理機能と証憑管理機能を統合しました

2022.10.18
  • アップデート

機能追加の背景

「paild」は、2022年8月に改正電子帳簿保存法に対応した証憑管理機能と、同年9月、決済時通知されるメールに証憑ファイルを添付できる証憑回収機能をリリースしました。しかし、それらの機能はSaaS支払いの証憑収集、保管を行えるSaaS管理機能との連動がなく、SaaS専用メールアドレスを活用した証憑回収と一元化しにくい状態となっていました。

今回、このような課題からSaaS管理機能を証憑管理機能と統合し、SaaS管理用の専用メールアドレスで受信したファイルをそのまま証憑として利用できるようにしました。

20221019

機能の概要

「paild」のSaaS管理機能は、SaaS専用のバーチャルカードとメールアドレスを発行し、カード利用明細とその支出に関わる領収書のメール情報等を集約して整理できる機能です。

20221019

20221019

SaaS専用メールアドレスをご利用SaaSの請求用メールアドレスとして登録したり、請求メールの転送先として設定しておくと、請求や証憑の情報が集積されるようになります。そして回収したメールに添付されたファイルは、証憑ファイルとして電子帳簿保存法に準拠した整理をスムーズに実施できます。

なお、旧SaaS管理機能(BETA)で利用明細と連携済みの証憑メールは、支出詳細画面のアクションログでは次のように移行処理が実施されます。

・(添付ファイルがある場合)対象のカード利用明細へ証憑ファイルとして添付ファイルがアップロードされた状態となります。   ※電子帳簿保存法対応の証憑としての情報登録は完了していない状態です ・(添付ファイルがない場合)対象のカード利用明細のアクションログにメールへのリンクが表示されます。

ご利用方法

SaaS専用メールアドレスで受信したファイルは、次の方法で証憑ファイルとして利用できます。証憑管理機能の詳細については、こちらのヘルプページもご確認ください。 支出の詳細画面から証憑ファイルを登録する 次に列挙する画面でカードの利用明細をクリックして呼び出せる支出の詳細画面より、証憑ファイルを登録します。

入出金履歴(管理者、ゲスト) 利用明細一覧(一般利用者) カードの詳細の利用明細タブ(管理者、一般利用者)

支出の詳細画面で「+新規登録する」のパネルをクリックします。 20221019

SaaSカードの利用明細では「SaaS専用カードのメールに届いたファイル」というタブが表示されます。受信した証憑ファイルを選択して「次へ」をクリックします。以後の処理は、通常の証憑情報登録と同様です。 20221019

受信メールから証憑ファイルを登録する

SaaSの詳細画面の「メール受信箱」タブ、受信メールの「証憑ファイルの登録」ボタンから証憑の登録ができます。 20221019

対象とする添付ファイルと、それに対応するカード利用明細を選択します。以後の処理は、通常の証憑情報登録と同様です。 20221019

もっと詳しく知りたい方はこちら

サービスについての資料をダウンロードいただけます。

また、paildの利用に初期費用などはかかりません。

すぐにウォレットを作成することができますので、お気軽にご利用ください。