クラウド型法人カード「paild(ペイルド)」 8月22日(月)よりテレビCMを放映開始

2022.08.22
  • プレスリリース

株式会社ペイルド(東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:柳 志明)は、クラウド型法人カード「paild(ペイルド)」のテレビCMを、本日8月22日(月)より関東エリアで放映開始します。本CMは元プロ野球選手で、現在は会社を経営する斎藤佑樹氏を起用し、「paild」を活用した支出管理の魅力について野球の球種を交えながら紹介する作品となっています。

20220817 アイキャッチ

CM動画について

本CMは「paild」の主要な特徴について、クラウド上での法人カード発行の速さを“スプリット”、一時停止や利用上限設定の柔軟さを“ナックル”、大変な事務作業の効率化を“カットボール”に例え、支出管理の決め球になるように、という想いを込め制作しました。また、主演にはプロ野球引退後、会社を設立し、実際に経費精算や決済管理などの業務に課題を感じた経験をもつ斎藤佑樹氏に出演いただきました。

CM放映概要

  • 映像尺:30秒/15秒
  • 放映媒体:TVCM
  • 放映開始日:2022年8月22日(月)
  • 放映地域:関東エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)
  • 放映媒体:タクシーCM
  • 放映開始日:2022年9月5日(月)
  • 放映地域:全国

CM映像

スクリーンショット 2022-08-19 16.08.28

スクリーンショット 2022-08-19 16.23.21

斎藤佑樹 氏のコメント

こんにちは斎藤佑樹です。 昨年野球選手を引退し、会社の代表に就任しましたが会社運営の大変さを日々感じています。そんな中、「paild」という会社運営に欠かせない法人カード、支出管理の未来を変えていくサービスのCMに出演させて頂くことになりました。「paild」を使ってより多くの方が新しい支出管理、働き方を実現できるように今後の「paild」を陰ながら応援していきます。

コメント動画はこちら https://youtube.com/shorts/TcWQF45_tgA

出演者プロフィール

斎藤 佑樹(さいとう ゆうき) 氏 1988年6月6日生まれ 群馬県太田市出身

早稲田実業学校高等部3年時の2006年、エースとして夏の甲子園に出場し全国制覇。「ハンカチ王子」として大フィーバーを巻き起こした。早稲田大学入学後も輝かしい成績を残し、数々の栄冠を獲得。アマチュア球界No.1右腕として2010年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。ルーキーイヤーから6勝をマークし、プロ2年目の2012年には開幕投手も務めた。2017年からは背番号をアマチュア時代に慣れ親しんだ「1」に変更。しかし度重なるケガに悩まされ登板数も伸びず、2021年10月に引退を発表。そして引退後の12月に自らの会社・株式会社斎藤佑樹を設立した。「野球未来づくり」を掲げ、現在様々なプロジェクトの実現にむけて取り組んでいる。

株式会社斎藤佑樹 https://saitoyuki.jp/

社名変更のお知らせ

2022年8月1日付でブランドパーソナリティの統一のため、会社名をサービス名にそろえ「株式会社Handii」から「株式会社ペイルド(英語名:paild, Inc.)」へ変更しました。

paildについて

2020年8月にリリースしたクラウド型法人カード「paild(ペイルド)」は、クラウドで簡単に法人カードを管理できる新しいサービスです。初期費用・年会費・カード発行手数料・海外事務手数料すべて無料でお使いいただくことができます。

これまでに会計連携やSaaS管理機能といった会計業務の円滑化・効率化に向けた多くの機能をリリースし、2022年にはセキュリティの向上のためリアルカードのIC化対応、タッチ決済、3Dセキュア(本人認証)などに対応しました。

「paild」の無料登録はこちら https://www.paild.io/

もっと詳しく知りたい方はこちら

サービスについての資料をダウンロードいただけます。

また、paildの利用に初期費用などはかかりません。

すぐにウォレットを作成することができますので、お気軽にご利用ください。