ペイルド。それは、新しい法人カードから広がるスムーズな働き方
電帳法(JIIMA認証)対応!

クラウド型法人カード
paildで
小口現金を減らし
働き方をスムーズに

電帳法(JIIMA認証)対応!
  • 初期費用
  • 年会費
  • 月額料金
  • 発行手数料

こんな課題ありませんか?

  • 小口現金の残高確認や出納帳への記帳が大変

  • レシートや領収書の回収が手間

  • 拠点ごとに何にいくら使ったか把握できない

paildなら解決できます

paild(ペイルド)はオンライン上で発行・管理ができるクラウド型法人カードサービスです
paildのカード決済に切り替えることで、小口現金を減らすことができます。

paildなら解決できます

paildが選ばれる理由

  1. 残高確認や出納帳が不要

    現金の代わりに、カードを各拠点に配布しませんか?
    管理画面上から利用明細をリアルタイムに把握できるため、小口現金出納帳や現金の精算、補充が不要になります。
    また、カードごとにチャージする必要がなく、複数枚のカード管理に最適です。

    残高確認や出納帳が不要
  2. 領収書など証憑の原本保存が不要

    paildは電帳法に対応しており、証憑の原本保存が不要です。提出のための出社や郵送は必要ありません。
    また、証憑の回収をサポートする機能として、カード利用時に届く通知メールに、スマホで撮影した証憑の写真を添付し、メール返信するだけでpaildにアップロードされ、決済情報と自動で紐付く機能を搭載しています。
    従業員側の手間も最小限にしつつ、経理側の業務も格段に楽になります。

    領収書など証憑の原本が不要
  3. 拠点ごとのコスト管理が簡単

    paildは無料で何枚でもカード発行可能です。
    管理したい粒度でカード発行することで、明細が混ざることなく拠点ごとのコスト管理ができます。また、カードごとに利用上限金額を設定できるので、安心して配布できます。

    拠点ごとのコスト管理が簡単

クラウド型法人カードpaild
まずはその便利さを体験してみてください
最短翌日からカード決済が始められます

一般的な法人カードと何が違うのか

paildの管理画面からカード発行、カードごとの利用上限金額の設定、
利用停止、利用明細の確認など様々な操作ができます。

一般的な法人カードと何が違うのか

paildの活用方法

「店舗Aの備品購入用」「店舗Bの備品購入用」など店舗、用途ごとにカードを発行。
普段は店長がカードを保管しているが、急な買い出しが必要なときは従業員にカードを渡します。
また、公共料金をカード払いにすることで支払いの手間を削減できます。

paildの活用方法
  • 資料請求

    クラウド型法人カードpaildに関する
    資料請求はこちらから

    資料請求
  • お問い合わせ

    ご不明な点がございましたら
    お問合せください

    お問い合わせ